人気ブログランキング |
Copyright (C) 2005-2011 風を継ぐ者 All Rights Reserved.
高知の本もらいました
先日高知から小包が届いた。
差出人は、親しくしていただいている人のお母様から。
違った・・・ お姉様から ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

高知遺産」(写真左)と「土佐の日曜市」(写真右)という二冊の本をいただきました。
高知県に関する本は、こっちではあまり売ってないので、こういう本欲しかったんです。
a0053772_054820.jpg

「高知遺産」は、高知の大切な場所や、残しておきたい場所が写真で紹介されています。
高知の何気ない町の風景を撮影した写真なんだけど、どの写真もとっても味わいがあります。
昭和を感じさせるような懐かしさを感じてしまう建物や街並み。
どれもちょっと古ぼけているけど、なんだか懐かしくてあったかい。
レトロな感じが逆にお洒落だったりする。
貴重な高知の遺産ずっと残していって欲しいです。

表紙のコインロッカーの建物、高知へ行くと必ずこの前を通っていたはずなのに、
こんなに味わいのある建物だったなんてぜんぜん気付いていなかった。

こっちでも毎日通勤で通っている場所でも、ちょっと視線を上げてみると、
へぇ~ こんな建物だったんだぁ こんな看板がかかってたんだぁ と気付くことがあります。
もっと視野を広くしたら、普段気付かないものが色々見えてくるかもしれない。

「土佐の日曜市」は、日曜市の全てのお店が店主の名前と写真付きで紹介されています。
毎回同じ人たちが出店していて、店の場所も全て決まっているとは知らんかった。
今まで当てもなく端から端まで歩いていたけど、この本があればお目当てのお店を決めて行けます。

この二冊を読んで、もっともっと高知通になっちゃるきね。
長女さん素敵な本をありがとうございました。大切にします。
by kazetsugu | 2006-03-16 00:45 | 高知ネタ
<< 駅弁フィギュア 土佐のおきゃく2006 終幕 >>