Copyright (C) 2005-2011 風を継ぐ者 All Rights Reserved.
<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2008春 高知滞在記&おきゃくレポート(3月10日前編)
しーそーさんが文旦を買いたいと言うので、いつも母親が買いに行く青果店へご案内。
しーそーさん&かおるんさんと合流して魚の棚商店街へ。
a0053772_22367100.jpg


a0053772_22452767.jpg青果のまるたかさん。
後日しーそーさんから、
大きくて美味しくて[はなまる]でした!
と連絡があり、いいお店を紹介できてよかった。

まるたかさんのすぐそばには、風継ぐ一押しのタタキが売ってる澤本鮮魚店さんがある。

ここのタタキが旨い と教えると、
食べたい! 食べた~い!! ここで食べた~い!!
と二人が言い出した。

マジで ( ̄□ ̄;)
ここ普通の魚屋さんだよ・・・
無茶なこと言わんでください・・・ と思っていたら、

澤本のご主人と奥さんが店の奥に椅子を用意してくれ、お箸とお皿まで用意してくれました。
こんなのテレビの旅番組でしか見たことないよ。
高知の人はホント親切すぎます。

a0053772_22561773.jpgそこらのタタキは軽くあぶってあるだけで刺身に近い感じだけど、澤本のタタキはしっかり焼いてあってすごく香ばしい。
二人も「ぜんぜん違うね」と美味しそうに食べてました。
自分のオススメを美味しいって言ってもらえるのって嬉しいですよね。
心の中でガッツポーズ。
澤本のタタキの詳しい情報は、以前書いたこちらの記事をご覧ください。


三宅のうどんを食べに行くという二人といったん別れて、ばあちゃん家でくつろいでいたら、
うどんを食い終わったしーそーさんから、
「おなかいっぱい ほにやカフェに行きましょう」と呼び出し。
とてもマイペースな人です。

しーそーさんとかおるんさんは午後一の便で高知を発つので、
空港行きのバスの時間まで[ほにやカフェ]。 ほにやで始まり、ほにやで終わる。

a0053772_2319889.jpg普段温かい飲み物はめったに飲まないので、冷たい抹茶ラテが飲みたいな~と思ったけど温かいのしかなかった。
でも、この抹茶ラテ温かくて正解!
めちゃくちゃ美味しかった。


はりまや橋バス停で二人を見送った後は、気ままな一人行動。

一汁三菜食堂に行って、ちょっと遅めの昼ごはん。
どってことない食堂なんだけど、ここはお気に入り。
あったかご飯と味噌汁。
セルフ形式で選べるおかずは一品ずつが少なめなので、色々な種類を食べれる。
マーボー茄子、豚天、こんにゃくの白和え、玉子焼き、十穀米、味噌汁で780円。
a0053772_23261920.jpg
男の一人暮らしだと、ご飯とおかず一品 野菜なしって感じなので、こういう店はありがたい。

a0053772_23365248.jpg一部パーティションで区切られてるから、プライベートスペースが確保されてる感じで落ち着くのだ。

午後はイオンへ行ったりしてふらふらと街歩き。

イオンへ行く途中にあって、通るたびにすごいネーミングだと気になってたお店がなくなってた。

真夜中のハウスマヌカン
a0053772_23401693.jpg

午前中は厚手の上着を着ていてちょうど良かったのに、午後から急激に暖かくなった。
二人半袖の人を見かけたけど、いくらなんでも季節早取りすぎ!
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-31 23:58 | 高知滞在記
2008春 高知滞在記&おきゃくレポート(3月9日後編)
各チーム中央公園で踊った後は、そのまま帯屋町商店街に場所を移して流し踊り。

公園付近は見物客であふれ返っていたので、裏通りを通って商店街の西側へ。
空いてる空いてる。( ´艸`)

けど、ほにやが来るといつの間にか人がいっぱいになる。
a0053772_1184130.jpg
a0053772_1271363.jpg

帯屋町商店街の後は、中央公園に戻って全チームによる総踊り。
中央公園に戻ろうとしたら雨が降り出してた。
アーケードの下にいたから全く気が付かなかった。

総踊りは中止になっちゃったけど、中央公園での各チームの演舞中は天気がもってくれて本当に良かった。

すっかりお馴染みとなった纏さんの三三七拍子で春のよさこいもこれで完結。
a0053772_1371671.jpg


夜は、県外からのしーそーさん、M先生と、(ほ)踊り子のかおるんさんの四人でご飯。
元追っかけのかおるんさんは、踊り子デビューしてからも追っかけ組にいつも付き合ってくれて嬉しい限りです。

a0053772_140333.jpgいとこから連絡があり、「なかたねでフードライブ 男祭というのをやってるからおいで」と言われていたので、三人を誘って行ってみた。

各料理店の大将が一夜限りで集い、
個性を生かした料理で客人をおもてなしする

というイベント。

いとこ二人が焼鳥&唐揚げ担当として参加してました。
でも、いとこは料理店の大将じゃないんだけどな~ (='m')ウププ

会場に行ってみると、すんごい人で満席状態。
厨房で焼鳥を焼いてるいとこを呼び出して、
「席がないよー」と訴えると、「せっかく来てもらったのに本当に申し訳ない」と。
こんなに人が集まるとは予想していなかったらしく、厨房はパニック状態だそう。

待っても空きそうにないので、あきらめて「はこべ」にお好み焼きを食べに行った。
お好み焼きの写真を撮りそびれた・・・
風継ぐが皆のために焼きそば焼いてるのをよそに、焼き上がったお好みを食べ始めちゃうんだもん。 みんな腹減りんこだったのね。。

はこべを出た後、そろそろ空いたかなってことで、再び「フードーライブ」会場へ。
さっきより明らかに人が増えてる・・・

またあきらめて、今度はひろめ市場へ。

各自適当に買ってきたものがテーブルに並べられる。
カツオのたたき、ドロメ(大好物)、玉子焼き、たこ焼き、おでん、文旦の生ジュース。
a0053772_1565929.jpg
(ほ)のきーやさんお気に入りのたこ焼きが美味しかった。
お好みと焼きそばを食べたばかりだというのに、しーそーさんとかおるんさん、女性にしてはよく食べるぞ。|_・)ジー


10時半頃、再び「フードライブ」会場へ。
先ほどより人が減ってはいたけど、それでもほぼ満席状態。
高知の人は他に行くところがないんですか?
と思うくらい、なかたねに人が集結してた。

ようやく隅っこのベンチが空いていたので、「やれやれ」と座り込んだ。
風継ぐとM先生の男性陣は、「もぉいいっす」ってことで何も食べなかったけど、
女性陣二人は、ここでも「たたき」と「うどん」を食べてました。

朝から盛りだくさんで楽しい一日でした。
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-30 02:05 | 高知滞在記
椿山荘[ほにや茶屋]
仕事帰りに椿山荘[ほにや茶屋]に行ってきました。

すぐに立川フェアもあるから、どうしようかな~と思ってたけど、
東京に来れない人から「会場がどうなってるか偵察に行ってきて」と頼まれ、

○太君からも、
「僕は行きませんが、社長が行っていますので是非遊びに行ってみてください!!」
と連絡をいただいたので、行ってまいりました。

仕事を早めに切り上げて、会社の後輩君を連れて江戸川橋へ。

間違えてフォーシーズンホテルから入ってしまったんだけど、
とりあえずロビーにいたスタッフに「ほにや茶屋はどこでしょうか?」と尋ねると、全く話が通じない。

いくら「ほにや」と言っても、「本屋ですか?」と聞きなおされ、
しまいにゃ「当館にそのようなものはありませんが・・・」と言われてしまった。

椿山荘と同じ敷地内にあって通路でつながってるから、同じ系列かと思ったけど違うんですかね。全く話が通じんかったよ。

自力で[ほにや茶屋]へ。

《ほにや茶屋》と言うくらいだから喫茶コーナーみたいになってるのかな、と予想して行ったけど、そういうわけではなかった。

こんな感じでした。
a0053772_2323867.jpg
a0053772_23325572.jpg

フェアのお手伝いだと言う人に尋ねると、今日は社長の泉さんはお休みとのこと。
あーん いつものパターンだぁ。
ほにやフェアなどに出かけると、たまたまその日は高知からのスタッフさんがお休みということがホント多い。
まったくタイミングの悪い男です。(-_-;)

もう一人 高知からスタッフの方が来ているようですが、その人もいなかった・・・
ん~ せっかく行ったのに残念。

せっかく行って手ぶらで帰るのもなんなので、
ほにやの可愛らしい小袋に入った駄菓子と、桜緑茶なるものを買いました。
春らしくをイメージした商品がいろいろありましたよ。
a0053772_23505735.jpg


a0053772_23511499.jpg■椿山荘[ほにや]茶屋
 4月6日(日)まで 11時~19時
 椿山荘へのアクセス:椿山荘HP
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-24 23:59 | こっちでの出来事
2008春 高知滞在記&おきゃくレポート(3月9日中編)
早めに中央公園に行って場所を確保するつもりだったけど、
土州屋の帰りに中央公園の前を通ったとき、既にステージの前は黒山の人だかりだったので、慌てても仕方ないってことで「ほにやカフェ」でゆっくりしてから行くことにした。

中央公園に行くと、先ほどよりさらに人が増えていてステージが全く見えないくらい。

しーそーさんは半ばあきらめモードだったけど、わたくしは慌てません。
長年の経験から、待ってれば必ず前の方に入れるという確信あり。

たいていの人は、知人や家族が踊るのを見たらいなくなることが多いので、
最初から最後まで見てるのは、県外からよさこい目当てに来てる人くらいですから。
あっちの方が空いてる、こっちが方が空いてると、動き回ったらなかなか前には行けません。
辛抱強く同じ場所で待つのです。
ただし、望遠レンズ付きの一眼レフカメラを構えてるような人の後ろは駄目です。

案の定、一人減り二人減り、ジワリジワリと前に進んで立ち見の最前列に入れました。

a0053772_0353026.jpg上町のフラフが春の空に舞います。
a0053772_035493.jpg


そう言えば、ドロワーズにいとこの娘がいることを思い出した。

a0053772_0434564.jpgめったに顔を合わすことがないから、自分の中でその子のイメージは小学生で止まってる。
自信がないながらも、たぶんこの子だと思って撮ってみたら当たってた。
あっちはちゃんと僕の顔を覚えてくれているらしく、後で会った時に「撮りゆうがが見えた」と言ってくれた。


a0053772_1303330.jpg
a0053772_1304095.jpg
a0053772_1304893.jpg

いよいよ《ほにや》の順番になったところで司会の人から、
「ステージを広げるために、お客さんには今の場所から少し下がってもらいます」
とのお願いが。

またですか・・・(-_-;) 簡単に言ってくれるじゃない。
苦労して確保したポジションがくずれるんだよね。
ほにやの人数が多いことは事前にわかってることなんだから、最初から下げておけばいいじゃんかいさー。

仕方なく下がるときに、後ろの人がスキあらば前に割り込んでこようとするもんだから、割り込まれてなるものかと必死の戦いですよ。
下がったこで、横一列で並んでたのが逆扇型のいびつな並びになってしまったので、ステージ全体を見渡せてたのが左半分しか見えなくなっちゃったじゃんか。
まったくもぉ (ノ-"-)ノ~┻━┻

でもとりあえず間近で見れて良かったっす。
a0053772_291476.jpg
a0053772_292483.jpg

[PR]
by kazetsugu | 2008-03-23 02:21 | 高知滞在記
2008春 高知滞在記&おきゃくレポート(3月9日前編)
13時からの「よさこい春の舞」の前に早めの昼食。

a0053772_2235438.jpg今回の高知滞在での楽しみの一つが、土州屋さんの期間限定メニュー《ゴマと柚子の辛いそばを食べに行くこと。
去年のおきゃくの時に食べそびれたので、今年は絶対に食べるぞと高知行きの前から決めてた。
←去年の写真。

店に入り、カウンターに貼られた季間限定メニューを見ると、

( ̄□ ̄;) ガーーーン!!

《ゴマと柚子の辛いそば》が載ってないじゃないですか。
期間限定が《梅そば》だけです。

仕方なく《つけそば》を注文。
a0053772_2252088.jpg
麺の茹で加減は好みのかたさ。
魚系の和風だしのスープはかなり辛味が利いてます。
まずまずといったところです。
一つ気になったのが、レジをいじったあとに手を洗わずに麺をジャブジャブ洗ってたのがかなりマイナス点。

食べてる最中に、しーそーさんから「ほにやカフェ」へのお誘いメールが来たので「ほにやカフェ」へ。

夏のよさこい期間中にオープンする簡易的なカフェを想像してたけど、
二階に上がってびっくり、なんだかすごくオシャレな感じの本格的なカフェになってる。
a0053772_2305355.jpg

○太君がくれたコーヒーサービス券を使って、コーヒーと抹茶チーズケーキ。
a0053772_23132993.jpg

前日が誕生日だったしーそーさんには、ほにやから「白玉温泉+手づくり桜もち+日本茶」のセットがプレゼントされました。
a0053772_23183774.jpg

しーそーさんもラーメンを食べてきたばかりだというのに、ぺロッと食べてしまいました。
けっこうなボリュームでしたよ。
女性にとって、『デザートは別腹』というのが実証された瞬間でした。

全部 ほにやスタッフの方の手づくりだそうです。

ほにやカフェでまったりした後は、中央公園での「よさこい春の舞」へ。
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-20 23:04 | 高知滞在記
2008春 高知滞在記&おきゃくレポート(3月8日後編)
よさこい春宵祭を見終わり、
一汁三菜食堂にでも行って、一人でご飯を食べようかと思っていたところ、
(ほ)のMっちゃんち○さんが「あったかいもんでも食べようや」と誘ってくれました。

ち○さん行きつけのうどん屋さんに連れてってもらった。

二人とも(ほ)の衣装のままなので、不思議な光景です。


a0053772_22251114.jpg帯屋町商店街からわき道に入ったところのビルの奥にあるカウンターだけのうどん屋さん。
手打うどん おかだ
夜だけの営業で、
《飲んだ後のシメにうどん》 といった感じのお店。
関東人にとってのシメはラーメンがお決まりだけど、
うどん文化の西日本は違いますね。


a0053772_22451527.jpg天ぷらうどん。
店の雰囲気からして立ち食いうどんレベルかと思いきや、
手打ちということだけあって、中太の麺はしっかりとコシがあって、
関西風の透き通ったダシも美味しい。
冷えた体にしみ入ります。(〃´o`)=3

ち○さんとMっちゃんは、関東では聞きなれない「きざみうどん」。
a0053772_22513357.jpg
きつねうどんのお揚げさんと違って、味付けしてない油揚げがこじゃんと入ったうどんです。
こんなうどん初めて見た。
油揚げをきざんであるから「きざみうどん」って言うのかな。

「関東のお稲荷さんはどんな?」という話題になり、
そんな話をしてたら食べたくなって、カウンターに並べてあったお稲荷さんも1個食べた。
柚子の風味が利いていてこれも美味しかった。(^~^)

店のおんちゃんとおばちゃんがとても感じのいいお二人でした。

ち○さん、美味しいお店を教えてくれてありがとうございました!
あんなビルの奥にあるお店は、県外人はなかなか見つけられませんよ。


店を出た後、大事な夢写楽のポストカードを店に置き忘れたことに気付いて、
慌てて取りに戻った。 ε=ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛

やれやれ危ないところだった・・・
と、二人のもとへ戻ると、観光客に囲まれて記念撮影に応じてた。 (^-^;


a0053772_2313117.jpg■土佐 手打うどん おかだ
 高知市はりまや町2丁目1-7-1F
 TEL:088-871-5516
 営業時間:20:00~27:00(たぶん・・・)
 定休日:日曜日
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-18 23:11 | 高知滞在記
2008春 高知滞在記&おきゃくレポート(3月8日中編)
はりまや橋公園での練習が終わると、休む間もなく最初の演舞会場はりまや橋商店街へ。
みんな走って移動。

昨年のおきゃくでもそうだったけど、まっこと楽しそうに踊りますねー。
実姉のukiki_kumiさんには『異常なまでの満面の笑み』と表現されてました。(^-^;
a0053772_22385580.jpg

ビデオを撮影していたら、思わぬ人がフレームイン。
液晶モニターに突然笑顔な人がフレームインしてきたので、誰?ってびっくりしたさ。

a0053772_2239611.jpgこの日は知人の結婚式で参加できなかった
纏の○太君。
スーツ姿で一生懸命応援してました。
踊り子さんたちも心強い応援だったことでしょう。
スーツ姿もカッコいいですな。

ほにやが17時スタートで、17時10分からゑびしばが京町商店街スタートだったので、続けて見れるのかと思ってたら、ゑびしばは既に行っちゃってた。

a0053772_22544436.jpg
夏はまだぎこちなかった江戸ほにのかおるんさんの踊りも安心して見てられました。


上町は衣装も踊りも可愛らしくて、ちびっ子たちの踊りにいつも癒されますね。
a0053772_2361694.jpg


帯屋町の後は鷹匠公園坂道へ。
去年はスタート時間になっても踊り子さんたちはひろめ市場でのんびりしてたけど、今年はすぐに移動。去年注意されたのかな?

昼間暖かかったので油断して服を一枚減らしてきたら、日が暮れると寒い寒い。
結局昨年同様、寒さにブルブル震えながら見てました。

オープニングの堤燈行列のBGMがなんかカッコいいんだよな~
a0053772_23383711.jpg
ゑびしばは先頭の母娘競演が素敵でした。
娘ちゃんを見るのは夏以来だけど、半年でだいぶ背が大きくなってる。
子供の成長は早いですね。

鷹匠公園坂道での演舞は幻想的な照明効果が素晴らしく
この演舞を見るだけでも高知へ行く価値があるはずだったのだが・・・

a0053772_2343058.jpg今年は全体が明るく照らされてしまっていて、背中からの幻想的なスポットライトの効果が全てかき消されてた。
そして、坂の上から踊り子が徐々に姿を現すという演出も良かったのに、今年はご覧の通り始めから踊り子さんたちが見えてます。
ほにやは人数が多いから仕方なかったのかな・・・

最後は鷹匠公園の中での演舞。
急いで移動して、端っこだったけど最前列を確保。
しばらくすると「後ろの人のために前の方の人は座ってあげてください」とのアナウンス。

中央公園みたいに舗装された地面ならいいけど公園は土です。
汚れるのが嫌だから地べたに座らず、30分近くしゃがんだ姿勢。
足がしびれてホントに辛かった。隣でしゃがんでいた女性もすごく辛そうだった。
県外から来ている人は予備の着替えがないから汚れたら困るんです。。

「後ろの人のために」というのは正論でわかるんだけど、
頑張って最前列を確保した人たちが無理な体勢で見て、後から来た人の方がいい状態で見れるってのはどうなのかな・・・
座れというなら、パイプ椅子を並べておくなどしておいて欲しかったです。
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-17 00:09 | 高知滞在記
2008春 高知滞在記&おきゃくレポート(3月8日前編)
出発時間よりだいぶ早く羽田空港に着いたので、
半分眠りながらボーっと椅子に座ってたら、

「風継ぐさん!」

・・・・・・

「風継ぐさん!!」

二回目で誰かに呼ばれてることに気が付いた。
一回目に呼ばれたときも聞こえてたような気がするけど、
普段「風継ぐさん」なんて呼ばれてないから右から左へ抜けてた。

誰かと思えば、ほにや追っかけ隊のM先生。
同じ便でした。
夏に撮影した写真を踊り子さんたちに配るために、たんまり持参してました。


a0053772_1193224.jpg飛行機から初めて富士山が見えた。
それもこんなきれいに。
今まで見れたことがなかったけど、
いつもと航路が違ったのか?

12時前に高知市内に着いたので、とりあえず昼ごはん。

食べに行く途中、ほにや本店の前を通ると泉代表がいらしたので、
夢写楽のポストカードをお渡ししたところ、よく描けていると喜んでいただけました。
後日お店に貼ってくれてました。
a0053772_1302479.jpg
ポストカードの実物を見たい人は、ほにやへGO!
はがしちゃ駄目ですよ。


ニュー門田》の日替わり弁当。
a0053772_1305950.jpg
酢豚、エビフライ、お刺身、玉子焼き、がんもの煮付け、
もろもろ入って870円(だったかな?)。
以前、何度か食べたときは鰹のタタキだったけど、この日はマグロのお刺身。
タタキが食べたかったんだけど、日替わりだから仕方なしです。


新しい高知駅が完成したと聞いたので、食後に見に行ってみた。
まだ未完成な部分もあるけど、立派な駅ができました。
a0053772_1311595.jpg

ちょっと離れたところで同じように駅の写真を撮ってる女性がいた。
何気なくその人を見ると、なんと江戸ほにかおるんさん。
考えることは一緒ですな。

ゑびしば理事長さんの所にも挨拶に。
以前は「よぉ来たねぇ!」といった感じだったけど、
最近では「来ると思おちょった」と、特に驚かれることもなくなった。

祖母の家に戻って撮影機材の準備をしていたら、
長野のしーそーさんから「高知に着きました」メール。

16時からはりまや橋公園で、ほにやの練習があるというので見学に。
そして、しーそーさんと合流。
a0053772_1434991.jpg

久しぶりに見る踊り子さんたちの顔に心がホッとする。
やっぱいいな高知は。

踊り子Aさんがいないことに気が付いた。
あれ~と思ってたら、そういうことだったんですね。( ´艸`)
ぜんぜん知りませんでしたよぉ。
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-15 01:47 | 高知滞在記
銘菓かんざし
仕事場の人たちへのお土産は浜幸の銘菓かんざし

a0053772_22433025.jpg
純信がお馬にかんざしを挿してあげてるイラストが可愛らしい。
飴でできたかんざし付き。


ほんのり柚子の香りがする焼き菓子です。
a0053772_22463387.jpg

浜幸が日本で最初に開発した銀紙焼きのお菓子だそうです。

やわらかい生地をアルミホイルに包んだまま焼いているので、
ソフトな生地に焼き上がり、衛生的で日持ちも良い。
さらに、アルミホイルが石焼き芋の焼き石の役目を果たしてホクホクに焼き上がるんだと。

何気なく包みを開けて食べてたけど、銀紙にはこんな技がこめられてたんですねぇ。


a0053772_2384854.jpg土佐の高知のはりまや橋で
    坊さんかんざし買うをみた♪
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-13 23:17 | 土佐の土産
自分への土佐土産
高知から帰って来ました。

高知でお世話になった皆さん、ありがとうございました。

自分へのお土産です。
今回はお金使わないようにしようと決めてたのに、けっこう買ってしまいました。
a0053772_23485215.jpg

「きんこん土佐日記」の第3巻が発売されていたので買いました。
ひろめ市場で買った「芋けんぴ」。
イオンで買ったぼうしパン。
以前お土産であげたら評判が良かった「くじらの大和煮」。


そして無駄遣いのストラップたち。
a0053772_2349251.jpg

個別に改めてちゃんと紹介します(そのうち・・・)。

おきゃくレポート&高知滞在記もぼちぼちと。
[PR]
by kazetsugu | 2008-03-11 23:56 | 土佐の土産