Copyright (C) 2005-2011 風を継ぐ者 All Rights Reserved.
<   2006年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2006夏 高知滞在記&よさこいレポート(8月10日夜の部)
本祭一日目 夜の部。
夜はほにやの追っかけはちょっとお休みして、追手筋に腰を据えて各チームを見物&撮影。
ほにやが踊る会場を全部追っかける人たちもいるけど、僕は他のチームもたくさん見たいので。
ほにやファン失格でしょうか・・・ よさこいが好きというのが基本にあるので。
a0053772_22402779.jpg

ドロワーズ×ボーダフォンの地方車からは雪が降りよった。
a0053772_22474378.jpg
真夏の夜に舞い降りる雪と神秘的なドロワーズ踊りが、幻像的な空間を生み出してた。
写真ではわかりづらいけど、すごくキレイだった。


a0053772_231121.jpg高知市役所踊り子隊で岡崎市長もヨッチョレ。


a0053772_2313442.jpg今年も広末涼子さんが元気に踊ってた。
広末さんほんとによさこい大好きなんですね。
芸能活動との両立でどんな練習方法をしているのか、振りを間違えることもなく他の踊り子さんとも遜色なかった。花メダルもしっかりもらってた。
見事に他の踊り子さんに溶け込んでいるので、広末涼子に気が付いていない見物客も多い。

追手筋会場の演舞が終わる頃、升形での踊りを終えたほにやさん達が戻ってきた。
誰か知ってる人はいないかなぁと見てたら、まろさん発見。
「お母さん、お姉ちゃんに会いました?」などと話していたら、自転車に乗った長女さん登場。
なんともグッタイミング。

まろさん&長女さんと「じゃあまた明日」と別れ、振り返って歩き出そうとしたら、
誰かに「風継ぐさん」と呼ばれた。「風継ぐさん」と呼ばれることにもちょっと慣れてきた。

呼ばれた方へ目を向けると、
え? 今別れたばかりのまろさんが・・・
デジャブ??

いやいや、まろさんのお姉ちゃんukiki_kumiさんでした。
普段もそっくり姉妹だけど、よさこいの衣装を着るとさらにそっくり。
もし同じ衣装を着たら見分けがつかないカモ。そんなわけはない。

三姉妹との遭遇で本祭一日目は終わりました。

一日歩きすぎて足の裏に水ぶくれができた。
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-31 23:12 | よさこいネタ
2006夏 高知滞在記&よさこいレポート(8月10日昼の部)
スパよさレポで中断しちゃいましたが、高知よさこいレポ再開。
祭り本番 本祭一日目。

午前10時半を過ぎる頃、新堀小学校にほにやの踊り子さんが集合し始めます。
その様子が祖母の家の2階から見えるので、自分もほにや本店へ。

11時から ほにや本店の前でほにやの出発式が行われます。

a0053772_21324382.jpgほにや前の道路は演舞会場ではないのだけれど、毎年地元の人たちに挨拶&踊りの披露をしてから祭り本番へと出発して行くのです。

a0053772_21414652.jpg演舞会場ではないため、行き交う車や自転車の交通整理にスタッフの人たちは一生懸命。
男纏の人たちも出発式では交通整理に徹します。
こういった裏方さんのご苦労があるからこそ、踊り子さんは安心して元気いっぱい踊れるんですね。

a0053772_21484238.jpg


a0053772_21485071.jpg京町商店街では、ゑびしばの踊りもスタート。
こちらも元気いっぱい楽しそうに踊っちょった。

はりまや橋商店街でほにやを見た後はしばらく時間が空いたので、サニーグループを見るために菜園場商店街へ。サニーグループ×爆風スランプ×高知ファイティングドックスのパワフルコラボ。
昼の菜園場会場は見物客がほとんどいなくて、サンプラザ中野をバッチリ見れそうだ。

a0053772_2159221.jpg地方車と共に「Runner」の歌が近付いて来た。
地方車の上にはサンプラザ中野が!

あれ・・・
いないジャン。

聞こえていたのはテープから流れる歌だった。
そしてファイティングドックスもいなかった。
なんだよ・・・ まだ高知入りしてなかったのかな。
ドラムを叩いていたのはファンキー末吉だった。と思う。

その後は、帯屋町→菜園場→追手筋とほにやを追っかけ。

追手筋会場 昼の部が終わって、休憩するために祖母の家へ戻る途中、高新RKCグループの一団に遭遇。高新にはukiki_kumiさんがいるので、すれ違う踊り子さん一人一人を探索。

a0053772_2210656.jpgukiki_kumiさん発見!
ちょっとお話して写真も撮らせてもらいました。

ukiki_kumiさんと別れ、中央公園の横を通ったら「Runner」の歌が聞こえてきた。

a0053772_22105047.jpgいたいた! 昼はいなかったサンプラザ中野。
地方車の上で「Runnerよさこいバージョン」を2回も熱唱しちょった。

サンプラザ中野を見れたことに満足し、祖母の家へ。
時間は18時ちょっと前。ここで本日初めての食事。
「三度の飯より」とは正にこのことと自覚する。
祭り期間中はその日の演舞を全て見終わるまでまともに食事しません。

カメラのバッテリーを交換して、大好きなカップそーめんをツルツルっと食べたら、またすぐに演舞会場へ。ε=ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛

夜の部につづく。
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-30 22:18 | よさこいネタ
原宿表参道元氣祭スーパーよさこいレポ 番外編
スパよさ一日目が終わった後、ゆみたかご夫妻を通じてほにやの打ち上げに参加させていただいた。会場は、ほにや御一行様の宿泊先近くの居酒屋ということで、宿泊先のホテルのロビーで踊り子さんたちと待ち合わせ。
てっきりビジネスホテルにでも泊まってるのかと思ってたら、すんごい高級ホテル。(゚O゚;
まっこと驚いたちや。

打ち上げメイン会場のお座敷とは別のテーブル席だったけど、ほにしに3号さんと4号さんが「追っかけ隊」のテーブルに同席してくださり、何人かの踊り子さんも顔を出してくださった。
たかゆみさんに引っ張られてメイン会場にも顔を出してみたけど、すっかり舞い上がってしまって、まろさんと踊り子Mさんがいたのを認識できた以外は、誰がいるのか見渡すことができなかった。
お話したことのなかった振り付けのY先生とご挨拶できて嬉しかった(なぜかお互い正座で)。

a0053772_21353946.jpg二日目が終わった後は、ほにやカメラマンの未来さんにくっついて、明治神宮内で行われるスパよさ関係者だけの打ち上げにもちゃっかり参加させてもらった。

さらにその後、ほにしに3号さんと4号さんが二日間のお疲れにも関わらず、二夜連続で「追っかけ隊」の打ち上げに付き合ってくださった。
ほにやの裏話や、踊ってる最中に踊り子さん同士がしゃべっている内容など、興味深く楽しいお話をたくさん聞かせてくれた。
踊り子さん達を前に緊張していたのか、両日とも打ち上げの様子を写真に撮ってない・・・
駄目駄目だ。。

ほにほに一行の隣の座敷で飲んでいたのはなんと「十人十彩」御一行様。
隣の団体が帰るときになるまで、隣にいたのが十彩の人達だったとは誰も気付かんかった。

打ち上げが終わり、お別れのときに3号さんが女性陣をハグする様子を見ていたら、なんと僕のことも思いっきりハグしてくれた。 (。-_-。)ポッ

最後の最後は、3号さんと4号さん二人が地下鉄の階段の上で「夢見聞録」を踊りながら見送ってくれました。僕らの姿が見えなくなるまで踊ってくれました。
これも写真に撮っておけば良かった・・・
ファンを大切にするサービス精神旺盛なお二人で本当に嬉しかったです。
帰る方向の違うゆみたかさんたちと別れて一人になってから、踊りながら見送ってくださったお二人の姿にあらためてジーンときてしまった。ちょっと泣きそう。(T.T)/~~~

ほにしに3号というハンドルネームだから「3号さん」と呼ばれるんやけど、「3号ってなに?」と言っていたので、3号さん、4号さんって呼んじゃいけないのかも。
mocoさんおすけさん、本当に本当にありがとうございました。

あ、突然ですがMっちゃんへ。
おすけさんが「また高知に来たときはMっちゃんとの飲み会に誘ってね」と言ってくれました。


ほにやの踊り子さんや、追っかけ隊の皆さんとの新しい出会いがあり、今年もえい夏だった。

風継ぐにとってのよさこいは、今年はとりあえずこれで終わりかな。たぶん。。

a0053772_21362381.jpg
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-29 22:54 | よさこいネタ
原宿表参道元氣祭スーパーよさこい
高知のよさこいレポートを書き始めたばかりだったのに、原宿のスーパーよさこいが来てしまった。
ということで、高知よさこいレポはいったん中断してスパよさレポを。

雨が降るという予報だったけど、一日目にちょっと降っただけで済み本当に良かった。
踊る側も見る側も雨だけは嫌ですからね~。

ほにやは「夢見聞録」原宿バージョンを披露。
a0053772_21491359.jpg
傘隊も加わり、高知での踊りから13ヶ所が変わったそうですが、僕には13ヶ所もわからなかった。
ビデオを見返して変わった部分を探してみよう。
2ヶ月間の練習で覚えた振りが1週間前に13ヶ所も変わったというのにも関わらず、よく間違えないものです。ちらほら間違えていた踊り子さんもいましたが、無理もないですよね。
a0053772_21534515.jpg

原宿でのほにや人気もすごかったけど、十人十彩も昨年「元氣賞」を受賞したこともあり、原宿ではかなりの人気だった。二年連続で「元氣賞」(グランプリ)を受賞。
a0053772_2245811.jpg


a0053772_2294531.jpgいとこの三代目若旦那とも二日目に会うことができた。高知では会えなかったので、やっと会えたといった感じ。
ほにやの踊り子さんを見つけるたびに「風継ぐさんは?」、「風継ぐさんは?」と探してくれてたらしい。
若旦那も「あったか高知踊り子隊」の先頭でご陽気に踊ってました。昔ながらの正調踊りもいいね。

あったか高知踊り子隊を見た後、表参道会場へ向かうため千代田線に乗ったら、偶然ほにや御一行も同じ電車に。決して地下鉄まで追っかけたわけじゃなく、ほんとに偶然なんです。
同じ車両に乗るのは恥ずかしいので一つ隣の車両に乗っていたら、踊り子さんたちが手招きしてくれて、ギュウギュウ詰めのほにや車両へお邪魔させてもらいました(なぜか たかゆみさんもいた)。

同じ車両に乗り合わせた他の乗客は、さぞかし驚いたことでしょう。
「今のコスプレ集団はなんだったんだ??」と思ったことでしょう。
ほにやの衣装でスシ詰め状態の様子を写真に撮っておけば良かった・・・
撮ろうと思ってカメラを取り出そうとしたときには表参道駅に着いてしまった。

僕は遭遇しなかったけど、表参道の見物客の中に子供を抱いた広末涼子さんがいたそうです。
地元高知だけじゃなく、原宿にまで顔を出すとはホントよさこいが好きなんですね。
広末さんもよさこいバカの仲間です。

「上町よさこい鳴子連」を一回も見れなかったのが残念だったのと、「ゑびしば」や「旭食品」、「とらっく」などがいなかったのはやっぱり寂しかった。ほにやを見ることに専念はできたけど。

初めてスパよさを見に行った頃の高知県外チームは若い踊り子もほとんどいなくて、おばちゃんのモダンダンスみたいなチームが多く、高知チームとの格段のレベル差を感じた。
しかしここ数年若い踊り子も増え、チームによっては踊りのレベルもかなり高くなっていると感じた。
とは言っても、相変わらず県外チームは前進するのが遅い・・・
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-28 22:57 | よさこいネタ
2006夏 高知滞在記&よさこいレポート(8月9日)
いよいよ よさこい祭り前夜祭。
よさこい祭りについてあまり知らない人も読んでくれているようなので、前夜祭について簡単に説明。
ご存知の方は読み飛ばしてください。

よさこい祭りは毎年8月10日、11日の二日間に本祭が開催され、高知市内各所に設けられた15箇所の競演場、演舞場で踊りが披露されます(競演場と演舞場。違いは知りません)。
その本祭の前夜(8月9日)、中央公園のステージ上で前年の本祭受賞チーム(21チーム)だけが踊ることのできる前夜祭が開催されます。
ステージでの演舞は、前進しながら踊る流し(ストリート踊り)がメインの本祭とは違った見ごたえがあります。ステージでの演舞が映えるチーム、逆にストリート踊りの方が見ごたえのあるチームなどもあります。


前夜祭を見るには場所取りが必要。
場所取りしないで始まる頃に見に行ったら、ものすごい人ごみでほとんどステージが見えません。
大勢の人が見られるように、会場を野球場にするとかできないのかなー。

毎年最前列で座って見ることにしてるけど、目の前で見る迫力はあるけど近すぎて撮影には向いてない。前の方の踊り子さんしか映らないから。
場所取り直前まで悩みに悩んで、今年は後方から脚立に立って撮影することにした。
ステージ全体を見渡すいい映像を撮影できたけど、遠くから見ているので、見ているときは臨場感がなく物足りなかった。
来年はまた最前列で見ることにしよ。

前夜祭で印象に残ったチームを紹介。
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-23 23:11 | よさこいネタ
2006夏 高知滞在記&よさこいレポート(8月8日)
午前中100円ショップで前夜祭用のゴザとガムテープを買い、帯屋町を歩いていたら、昨年インタビューしてくださったほにや専属カメラマンの未来さんとお会いした。
こちらから声をかけ、昨年インタビューされたことを伝えるとすぐにわかってくださり、「風を継ぐ者」という名前もご存知だった。
ほにやのことや、ビデオカメラのことなどを立ち話し。
きちんとお話しするのは初めてだったけど、とても感じの良い方だった。
今回の高知滞在では未来さんに色々お世話になった。

未来さんと別れた後、祖母の家に向かってヨロヨロと歩いていると大声で誰かが叫んでる。
特に気にせずそのまま歩いていると、

風継ぐさん・・・

風継ぐさーん!


風継ぐさんてー!!


( ̄0 ̄; ハッ!
誰かが自分を呼んでるではないか!

普段「風継ぐ」なんて呼ばれ方はしてないので、自分が呼ばれてるとはまったく気付かんかった。
ほにやの皆さんの間ではすっかり「風継ぐ」もしくは「風を継ぐ者」と呼ばれているようです。
取り置きしておいてもらったTシャツにも「風を継ぐ者様」と書かれていた。

なんかインパクトのあるハンドルネームらしく、顔は知らなくても「風を継ぐ者」という名前は知ってくださっている方が多いことに驚いた。
「素敵なハンドルネームですね」と言ってくださる方も多く、完全に名前負けしてますね。

「風を継ぐ者」の名前の由来はこちら

大声で呼んでいたのは、会社の昼休み中のMっちゃんだった。


午後は前夜祭のリハーサルを見に行った。
全チーム見たい気持ちはあったけど、全部見たら5、6時間になるので途中からにしといた。
昨年まではステージの目の前で見ることができたのに、今年はロープがはってあって関係者以外入れないようになっていたので石垣の上から見物。
a0053772_21344348.jpg
普段着姿の踊り子さんたちが新鮮なので、練習やリハーサルを見るのは楽しい。
 こんな髪型してたんだ。
 衣装姿は大人っぽいけど、けっこう若い人だったんだ(逆のパターンもあり)。
 こんなきれいな人だったんだ(逆のパターンもあり)。
など新たな発見があります。

平日ということで皆さん仕事があるのでしょう。ゑびしばは10人くらいでのリハーサル。
a0053772_21425143.jpg
リハーサルでは帯屋町筋がすごく良かった。
途中までは祭り囃子のような曲でゆったりとした感じだけど、後半に曲がロック調になり、踊りもめちゃくちゃカッコいい。

大丸は今年の曲も切なくていい曲。
富士通もなかなか良さそう。

十人十彩は、昨年、一昨年に比べると、ちょっと物足りない印象を受けた。

が、とんでもない。
本番で衣装をまとい、曲のボリュームも上がると、さすが十彩と言わせる踊りで、リハーサルで見た印象とは全く違った。終わってみればよさこい大賞。

いとこの娘がアートウェイブで踊ると聞いたので、一生懸命探したけどわからんかった。
帰宅後、祖母、母も交えてビデオをくまなく見たけど、どういたち見つからん。
あとで聞いたらドロワーズの間違いだった。
探しても見つからんはずだよ。
いとこ(その子の母親)は前夜祭直前までアートウェイブだと思い込んでた。
中学三年生なのにドロワーズじゃなくてアートウェイブなの? と、おかしいと思ったさ。

前夜祭リハーサル終了後は、はりまや橋商店街でほにや最後の練習。

a0053772_2354452.jpg場所取りや迷惑カメラマンを気にせずじっくり見られる練習は、本番を見るより好きだったりするかもしれない。
こんな風に真正面から撮影できるのも練習だからこそ。
ちょっと足を延ばせば帯筋や大橋通り商店街の練習も見れたのに、結局ゑびしばをちょっと見た以外は4日間ほにやの練習しか見なかった。
何度か他のチームを見に行こうと思ったけど、ほにやの魅力には勝てませんでした。

最後は裏方のスタッフの方一人一人の挨拶があり、一本締めにて全ての練習を終了。

明日からいよいよ本番です。
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-22 23:11 | 高知滞在記
2006夏 高知滞在記&よさこいレポート(8月7日)
叔母の車を借りて墓参りへ。
高台にある墓苑で海が見えていいところです。
a0053772_22354991.jpg
高知で車を使えるのはこの日だけなので、お参りの後はいろいろまわりました。

ヤシィ・パーク併設の道の駅やすと龍馬空港へ行ってお土産などを購入。
高知限定グッズを色々買って、また無駄遣いをしてしまった。

いつも墓参りの時に昼ご飯を食べに行く「栄楽」が休みだったので、南国バイパス沿いにあるレストラン「グドラック」で昼食。
「栄楽」を知らなかった頃は、「グドラック」で食べるのがお決まりコースでした。
「グドラック」についてはまた別途書くつもり。

食事の後は、龍馬Tシャツを買うために桂浜へ。
前日てふてふに寄ったとき、龍馬好きのスタッフNさんから、龍馬手拭いとNさんが着ていた龍馬Tシャツを勧められていたのです。「桂浜に売ってるのでぜひ」と。
ほにやTシャツではなく、なぜか龍馬Tシャツを勧められた。(=`´=)
でっかく「龍馬」って書いてあるようなダサいTシャツじゃなくて、Tシャツの右裾に龍馬直筆の「龍」の一文字がプリントされてるかっこいいやつです。
昨日の練習風景の写真に龍馬Tシャツを着たNさんがちっちゃく写ってます。

桂浜のお土産センターを探してみたけど売ってないので、ほにやに電話してみた。
電話には○太君が出て、仕事中にもかかわらずNさんに売ってる場所を聞いてくれて詳しく教えてくれました。高知の人はホント親切です。

坂本龍馬記念館横の国民宿舎桂浜荘に売っているということなので行ってみた。
Tシャツはあったんだけど、サイズがX Largeとかでっかいのしかなかった・・・ 残念。
ないとなると無性に欲しくなる・・・ でも高知県では桂浜荘でしか手に入らないとのこと。。
わざわざ来たのに手ぶらで帰るのも悔しかったので、龍馬手拭いを購入。
a0053772_22592990.jpg

桂浜をあとにして、イオンに行って晩のおかずを買ってドライブ終了。
いろいろ走ったけど、渋滞なしでスイスイ走れた。

夕方からは、またまたほにやの練習見学へ。
この日は追手前小学校グラウンド。
a0053772_2341732.jpg
いろんなチームの練習を見に行こうと思っていたのに、まだほにやの練習しか見てない。
ほにやの練習をしばらく見てから、京町商店街にゑびしばの練習を見に行ってみた。
今年もゑびしばらしい可愛らしい唄と踊り。
例年より若い踊り子さんが多く、全体的に平均年齢が下がった感じ。
毎年常連の踊り子さんで見当たらない顔がちらほら。
後日本祭で「とらっく」を見たときに、昨年までゑびしばで踊っていた踊り子さんが何人かいました。
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-21 23:43 | 高知滞在記
2006夏 高知滞在記&よさこいレポート(8月6日)
午前中は日曜市と二十四万石博をぶらついて、昼はお好み焼き屋の「はこべ」でご飯。

a0053772_23475811.jpg「ほにやカフェ」のドリンクチケットをもらっていたので、「てふてふ」の2階で期間限定オープン中の「ほにやカフェ」へ行ってみた。
てふてふの2階へ上がると、ブログでお世話になっているほにしに3号さんがお店の人と話をしてた。

  衣装にマジックが・・・
  めったぁ・・・ どーしよー
  娘に怒られる~

みたいなことを話していて、えらく取り込んだ様子。
とても声をかけれる状態ではなさそう。
さらに、まだ見てはいけない衣装を広げながら話をしているらしく、3号さんの方を見ることもできんかった。
(3号さんはこの時点でまだ僕の顔を知らなかったので、すぐ横にいるのが風継ぐだと気付いていないのである。)
話が落ち着いたら声をかけてみようと思っていたけど、話が終わると一目散に行ってしまった・・・

その日の夜、まろさんが「風継ぐさんで」と3号さんに紹介してくれたら、
「あ~パニックになってたときにおった人や~」
3号さんらしい初対面でした。(^-^;

「ほにやカフェ」の話に戻します。
a0053772_2358481.jpg
ゆずジュースを飲みながら、大画面テレビに流れる過去のほにやのビデオを鑑賞。
纏のイメージしかないナルコップさんと○○ぺい君が提灯持って踊ってたり、太鼓を叩いたりしている貴重な映像を見ることができた。
まろさん昔はクリクリの男の子みたいだったんだなー。(^-^;

斜め後ろのテーブルで見たことのある踊り子さんがケーキを食べていたので、なんだか落ち着かず緊張しながら座っていたら、打ち合わせを終えて3階から降りてきた○太君が、ロールケーキも美味しいと勧めてくれた。
食べたかったけど、はこべでオムそば大盛りを食べたばかりでお腹いっぱいだったので断念しました。泉さんのお姉様の手作り(と言ってた気がする)だということなので、食べたかったなぁ。

夕方は前日に続いてほにやの練習を見学。

a0053772_025415.jpgこの日は追手前小の体育館。
中には入れないので出入口の隙間から見学させてもらった。蚊にいっぱい刺された。
この日は知ってる踊り子さんがたくさん。
1班の踊り子さんたちがステージ上で踊りのお手本を見せた後、前夜祭の練習。
ちょっとでも気を抜いた踊り子さんがいると泉さんやインストさんからの檄が飛びます。

 「前夜祭に出たくても出れん踊り子のことも考え!」
 「そんなんやったら変わってください!」
 「できんやったら帰ってください!」

奥の方では纏さんたちが真剣な眼差しでビデオを見ながら振りのチェック。
本番間近ということで緊張感が漂ってました。

体育館での練習が終わると、休憩を挟んではりまや橋商店街へ移動。
ストリート踊りの練習です。
a0053772_0335213.jpg
この日で踊りの全容がわかりました。お伽草子より好きかも。
前日の練習とは違って、主力組、男衆が加わるとやっぱり違います。
道幅が狭いので、AB列、CD列が順番に練習。

a0053772_0444282.jpg大勢の見物客でいっぱいの本番のときは、なかなかカメラの方を向いてくれないナルコップさんも、カメラに向かって何度もおちゃらけてくれました。
真剣な練習中だというのに、まろさんや踊り子Tさんもありがとうございました。

それにしても、○太君は暑い中なぜ長袖だったんだろう・・・

練習が終わって、いつもコメントをくれる沖縄ほにやのみぃさんと初対面。
ブログでしか話したことがなかったので、なんだか緊張。
はにかんだ感じの可愛らしい沖縄のお嬢さんでした。(^-^;
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-21 00:47 | 高知滞在記
来週はスパよさ
今日会社帰りに原宿に寄ったら、地下鉄の通路にスパよさのポスターがいっぱいが貼ってあった。
来週の土曜日、日曜日は、原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい

a0053772_2253396.jpg


a0053772_22131046.jpgほにやのポスターは 踊り子Mさん

a0053772_22134890.jpgこのちっちゃな背中は、な○○ちゃんかな?

久しぶりにスパよさ公式ページを見てみたら、旭食品も参加辞退と書いてある・・・(-_-;)
高知チームが少なくて寂しいなぁ。

原宿も二日間晴れますように。
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-18 22:37 | よさこいネタ
2006夏 高知滞在記&よさこいレポート(8月5日)
8月5日(土)14時40分羽田発の全日空便で高知へ。

a0053772_2149366.jpg雲の上空に出ると、空が青いことを実感します。
真っ青な空に真っ白な雲がすごくキレイ。
東京のよどんだ空も遥か上空には真っ青な空が広がってるんですねぇ。
夕方5時頃はりまや町にある祖母の家に到着。
荷物を置いて落ち着く間もなく、よさこいTシャツを買いにほにや本店へ。

纏の○○ぺい君と○っさんが練習にでかけて行くところに遭遇。
相変わらずカッコいい二人。性格もいいときてるから文句の付けようがないです。
男として格段の差を感じる・・・

I honiya KOCHI Tシャツ以外は僕に合うサイズが全て売れてしまっちゅう。

a0053772_2154651.jpgI honiya Tシャツは踊り子Aさんに一枚キープしといてもらったんだけど、他の種類もお願いしとけばよかった・・・
黒の「踊らにゃそんそん」Tシャツが欲しかった。
仕方ないので白を購入。ワンサイズ下のサイズしかなかったけど、着てみたらぜんぜん大丈夫だった。
I honiya Tシャツは全色(三色)購入。例年の和テイストなTシャツとはまったく違ったデザイン。
メッシュ生地が涼しそうで、デザインもカッコいい。

そして、ほにやが練習している追手前小学校へ。
この日は踊り子さん40人が岡山遠征に行っていたので、知った顔は数人だけだった。
男衆もこの日だけは別練習ということでいなかった。
a0053772_2234119.jpg
部分部分を細切れで練習していたので踊りの全容はわからなかったけど、タンゴのような社交ダンスのような動きが盛り込まれた踊りのようだ。

暗くなった頃に背後から「こんばんわ」と声をかけられ、振り返ると武○パパ。
去年も練習を見ているときに声をかけてくださって、一年ぶりの再会。
暗くて背中を向けていたにも関わらず、気付いてくれて、そして何より覚えてくださっていたことに感激。しばし武○パパと談笑。

武○パパのネタばれ発言。

「今年の衣装聞きました? 4色あるんですよ。

(゚◇゚;)

ひぇー 聞いてしまった!
あーんヾ(´○` ) お楽しみをバラさないでくださいよー
練習見てたら、いずれわかったことですけどね。(^-^;
翌日の練習で色の種類もわかっちゃったし。

21時半頃練習が終わり、途中までMっちゃんと帰りました。
ほにや本店の前を通ると男衆が勢ぞろいしていて、さらにこれから練習するとのこと。
毎日大変です。
補習を受ける人と教える人は、毎晩家に帰るのが午前2時頃だったそうです。
社会人の踊り子さんは翌朝普通に仕事へ出かけるわけですから、寝不足の日が続いたことでしょう。
本当にお疲れ様でした。
あの素晴らしい演舞は、こういった並々ならぬ努力の賜物なのですね。
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-17 22:48 | 高知滞在記