Copyright (C) 2005-2011 風を継ぐ者 All Rights Reserved.
高知名物けつねうどん
黄色の看板とけつねうどんという名前がインパクトありすぎ。

入らないわけにはいきません。
a0053772_23361913.jpg
カウンター席だけの地元のおんちゃんらぁが食べに来るような大衆的なお店。

いろいろメニューがあったけど、選ぶ間もなく「なんにします?」と聞かれたので、無難に天ぷらうどんを注文。「けつねうどん」って言うくらいだから、きつねうどんを注文すれば良かったと、食べた後で思った。
この店で食べるのは実は2回目。前回も天ぷらうどんを食べたことを思い出して、さらに後悔。
a0053772_23395450.jpg
細くてコシのないうどん。^^
子供の頃、母が家で作ってくれるうどんはこんな感じだったなー。
最近はスーパーで売ってるうどん玉もコシの強い太いのが主流だけど、昔はコシのないやらかいうどんしか売ってなかったからね。

高知でうどん屋に入ると、たいていおでんも一緒に売られてる。
一つずつクシに刺さっていて、食べたいのを自分で勝手に取ります。
a0053772_033061.jpg
関東ではこんな風にクシに刺さって売ってるのは見ないけど、高知ではよく見る光景。


a0053772_082981.jpg厚揚げ、牛スジ、それにすまき&天ぷら。
関西おでんで牛スジははずせません。
ピンク色のが「すまき」。高知では一般的な食べ物で、ナルトの渦巻きがないやつって感じかな。
「天ぷら」は関東で言うさつま揚げ。
寒の戻りで寒い日が続いたけど、おでんの季節も終わりですね。

a0053772_031666.jpg「高知名物」って書いてある。

■けつねうどん(堀詰店)
 高知県高知市本町1丁目4-9
[PR]
by kazetsugu | 2007-05-01 00:41 | 高知の食
<< ほにやの新作フェア OYASAY WARS >>