Copyright (C) 2005-2011 風を継ぐ者 All Rights Reserved.
夏そば
季節はすっかり秋ですが、夏に高知で食べた夏そばを紹介。
去年の夏 ukiki_kumiさんのブログで紹介されているのを見て、ずっと食べたい思っていて今年やっと食べに行くことができた。

お店は帯屋町商店街から帯屋町公園に抜ける通りにある土州屋さん。
a0053772_22534790.jpg
高知の飲食店は昼時でも混んでることが少ないけど、自分が行った時は混んでた。
一つだけ席が空いてたので、ソロソロと着席して夏そばを注文。
初めての店はいつも緊張する。

夏そばは一日限定10食。
a0053772_2323644.jpg
よく冷えたスープを一口含むとと、口の中にまずは酸味が広がり、続いて鰹だしの風味が広がる。そしてしばらくしてからほのかな辛味が広がってくる。
「夏そば」という名の通り、夏の暑い時期に食欲をそそる味。

食べる前は、トッピングのレタスやトマトがラーメンに合うのかなーと思ったけど、シャキシャキレタスがこのスープに愛称バッチリ。
チャーシューは注文が入ってから直火で焙りなおしてるので、香ばしい。
ちじれ麺の固さもちょうどよくて、酸味のきいたさっぱり味のスープは全部飲み干せる。

店内に漂う鰹の香りから、青葉系の魚介だしだと想像でき、通常の中華そばもきっと美味しいと思う。

a0053772_2313264.jpg次回は中華そばを食べてみるつもり。
実際に中華そばも食べてみないとわからないけど、夏そばの味なら東京のラーメン激戦区でも土州屋さんは生き残れると思う。

自分が席に着いてちょうど満席になったすぐ後に、一人お客さんが来たんだけど、満席なのを見たらすぐ帰っちゃった。
数分待てば席が空いたのに。。
ちょうど混雑時だったみたいで、しばらくしたらカウンター席には誰もいなくなった。
a0053772_23181919.jpg

土佐人はいられやき並ぶのが大嫌い。
ということは聞いていたけど、ホントに嫌いなんですね。
東京じゃ、旨いラーメン食べるためなら30分くらい平気で待ちますからね。
東京人との気質の違いを垣間見ることができました。

※いられ: 土佐弁で「気が短い」、「せっかち」という意味。

■土州屋
 高知市帯屋町2-1-29
 TEL:088-871-1279
 営業時間:11:00~20:00/水曜日定休
[PR]
by kazetsugu | 2006-10-11 23:35 | 高知の食
<< シンジラレナーイ あらためて立川 >>