Copyright (C) 2005-2011 風を継ぐ者 All Rights Reserved.
原宿表参道元氣祭スーパーよさこい
高知のよさこいレポートを書き始めたばかりだったのに、原宿のスーパーよさこいが来てしまった。
ということで、高知よさこいレポはいったん中断してスパよさレポを。

雨が降るという予報だったけど、一日目にちょっと降っただけで済み本当に良かった。
踊る側も見る側も雨だけは嫌ですからね~。

ほにやは「夢見聞録」原宿バージョンを披露。
a0053772_21491359.jpg
傘隊も加わり、高知での踊りから13ヶ所が変わったそうですが、僕には13ヶ所もわからなかった。
ビデオを見返して変わった部分を探してみよう。
2ヶ月間の練習で覚えた振りが1週間前に13ヶ所も変わったというのにも関わらず、よく間違えないものです。ちらほら間違えていた踊り子さんもいましたが、無理もないですよね。
a0053772_21534515.jpg

原宿でのほにや人気もすごかったけど、十人十彩も昨年「元氣賞」を受賞したこともあり、原宿ではかなりの人気だった。二年連続で「元氣賞」(グランプリ)を受賞。
a0053772_2245811.jpg


a0053772_2294531.jpgいとこの三代目若旦那とも二日目に会うことができた。高知では会えなかったので、やっと会えたといった感じ。
ほにやの踊り子さんを見つけるたびに「風継ぐさんは?」、「風継ぐさんは?」と探してくれてたらしい。
若旦那も「あったか高知踊り子隊」の先頭でご陽気に踊ってました。昔ながらの正調踊りもいいね。

あったか高知踊り子隊を見た後、表参道会場へ向かうため千代田線に乗ったら、偶然ほにや御一行も同じ電車に。決して地下鉄まで追っかけたわけじゃなく、ほんとに偶然なんです。
同じ車両に乗るのは恥ずかしいので一つ隣の車両に乗っていたら、踊り子さんたちが手招きしてくれて、ギュウギュウ詰めのほにや車両へお邪魔させてもらいました(なぜか たかゆみさんもいた)。

同じ車両に乗り合わせた他の乗客は、さぞかし驚いたことでしょう。
「今のコスプレ集団はなんだったんだ??」と思ったことでしょう。
ほにやの衣装でスシ詰め状態の様子を写真に撮っておけば良かった・・・
撮ろうと思ってカメラを取り出そうとしたときには表参道駅に着いてしまった。

僕は遭遇しなかったけど、表参道の見物客の中に子供を抱いた広末涼子さんがいたそうです。
地元高知だけじゃなく、原宿にまで顔を出すとはホントよさこいが好きなんですね。
広末さんもよさこいバカの仲間です。

「上町よさこい鳴子連」を一回も見れなかったのが残念だったのと、「ゑびしば」や「旭食品」、「とらっく」などがいなかったのはやっぱり寂しかった。ほにやを見ることに専念はできたけど。

初めてスパよさを見に行った頃の高知県外チームは若い踊り子もほとんどいなくて、おばちゃんのモダンダンスみたいなチームが多く、高知チームとの格段のレベル差を感じた。
しかしここ数年若い踊り子も増え、チームによっては踊りのレベルもかなり高くなっていると感じた。
とは言っても、相変わらず県外チームは前進するのが遅い・・・
[PR]
by kazetsugu | 2006-08-28 22:57 | よさこいネタ
<< 原宿表参道元氣祭スーパーよさこ... 2006夏 高知滞在記&よさこ... >>